« 【済報告】 100均裏手の黒白パンダ猫 | トップページ | 両眼白濁、その後 »

2006年9月23日 (土)

両眼 白濁

P9210776
で、<パンダ猫> 避妊手術の送迎に行ったら、また子猫を押しつけられてしまいました、ムカつく話なので詳細割愛。

風邪、目やにでまぶたが閉じっぱなしだった期間が長いらしく、点眼でなんとか結膜炎はひいてきましたが、すでに両眼とも白濁しているようです。
右目、透過率推定50%、左目はやや良好、推定80%、でもまぶたが癒着しちゃってぱっちり開かない、視野が狭い。

もう今さらクドクド書きませんが、こういう子をどんどん産ませたり、産まれても早死にしたり、それのどこが 『動物を放っておけない優しさ』 なんでしょね?
手におえなくなると こっちに丸投げだし。
 
 
不幸の拡大再生産に貢献するばかりの無責任餌やりに罰金・罰則を

(視力に不自由をかかえながら生きている人への侮辱か、みたいな
 重箱隅resは ご無用に。)

« 【済報告】 100均裏手の黒白パンダ猫 | トップページ | 両眼白濁、その後 »

200 里親募集と、その後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2271957/63758497

この記事へのトラックバック一覧です: 両眼 白濁:

« 【済報告】 100均裏手の黒白パンダ猫 | トップページ | 両眼白濁、その後 »