« 両眼 白濁 | トップページ | 両眼白濁・寒がり、その後 »

2006年9月24日 (日)

両眼白濁、その後

白濁が透明になることはないですが、おかげさまで目の状態は安定しています、眼球壊死だの全摘出だのになるとそれなりにタイヘンですが、その心配はひとまず遠のきました。

食欲はムラあり。
初日は、発育&衰弱程度がよく判らないので、とりあえずカロリーエース (高栄養流動食) をシリンジで与えたら そこそこ自発的に飲んでました
  (シリンジを齧って催促 (^o^; ) 。

固形物がいける週齢のようですが ”ささみのムース缶”をたいへん意欲的に がっついたかと思うと、翌日は興味なし。
<パンダ遺児> (パンダ猫はけっきょく生きてたから、遺児じゃないんだけど) たちと同じ、かつおスペシャルレシピも、試食当日はがんがん行きましたが、翌日はぷい。
何なんだよ…。

やたら寒がりです。まだ暑いくらいなのに…。
日当たりがよくてPCの排熱もある部屋なので、外の気候よりだいぶぬくいんですが、
寒い寒いと縮こまってるので冬用のヒーター入れてあげたら ひっついてます。
ヒーターなしの避難スペースももちろん用意してあります。

それと、自分のオシッコで いつも濡れています。濡れてるから寒いのかな?
親に排泄を促してもらう週齢でもないでしょうに、自分でトイレ
  (教えなくても、気に入りの寝床からいちばん遠い場所、
   ケージ内なら対角線上の隅をトイレに定める習性なんですよ、フツウは…)
に行って、済ませて、乾いたきれいな体でここちよく寝なおす、のができないみたいで、気がつくとベッドで濡れています…、ぜんぜん色っぽいハナシじゃなくてスイマセンね(笑)。

ンチは良好。下痢っぴでもないし、色もまずまず。

食が安定しないので、けっきょくカロリーエースは続けてます、寒がるので少し黒蜜を加えました。
(糖分はすぐカロリーになってカラダ温まるから…)。

歩行不自由な感じはありません。なんで自力でトイレに行かないんだ???、しくったなら、せめて自力でグルーミングして乾こうという努力を、なぜしないんだ??、そんなに親がべったり面倒見てたのかな??

餌やり婆ちゃんのハナシだと、「茶色い親猫が2匹連れてきたが、1匹は死んじゃった。残ったこの子も、親猫はもうあまり面倒見てない」 ってなことらしいけど…、
あの婆ちゃん、言うことが揺らぐからなぁ。

前回のパンダ”遺児” = 親が帰ってこない!このままじゃ子猫死んじゃう! も、
自分の手元から子猫消えてほしい (でも殺処分はしたくない = 避妊手術の手伝いにきてくれるネーチャンに押しつけちゃおう)  ってな狂言だった可能性あり…。

« 両眼 白濁 | トップページ | 両眼白濁・寒がり、その後 »

200 里親募集と、その後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2271957/63758496

この記事へのトラックバック一覧です: 両眼白濁、その後:

« 両眼 白濁 | トップページ | 両眼白濁・寒がり、その後 »