« 仕切り直し アンタが来ると猫が消える | トップページ | <お持ち帰り三毛> お見合い・お届け »

2006年5月16日 (火)

100匹の猫 2題

ヤなニュースが流れた日。

猫の死がい:空き部屋から100匹 厚木のアパート

いわゆる保護崩壊でしょうか?

数匹ずつまとめて、ってのが気になりますね、同じ時期にたてつづけに亡くなったってことでしょうか?。パルボ(伝染病)でも入ったのかな?

保護崩壊しそうな人でも、せめて3種混合ワクチンは打ってあげてほしいです、今日食べさせるのも精一杯だったんでしょうか…?。
輪禍(交通事故)よりも、”保護”して家に入れることで、過密感染症蔓延の危険度の方が大きくなったら、その時点で保護はあきらめるべきだと思います。
万やむをえないながら、そのまま外に置いておくしか…。誰かがなんとか………、しない、ですけどねぇ…、困りましたねぇ。


で、なにがイヤってさ。
100匹が亡くなったからでも、亡骸がきちんと扱われていないから、でもなく。
「あ、終わった事件なんだ。今さらどうしようもないよね (……ヨカッタ助かった) 」

って、自分が思ってしまったこと。 いかんなぁ。

だってもしこれがまだ 終わる前 だったらさ。
例によって 「緊急SOS!! 100匹のおうちがなくなります!!」 とか流れるわけだ。

「保護主は家賃も払えず、近く退去させられるとのことです。猫たちに罪はありません!。どうか1匹でも2匹でも、あなたの暖かい暮らしの中に迎え入れていただけないでしょうか!?、あわせてカンパも募集中です!」

あ~もう、文面まで思い浮かぶよ…。
100匹が、過剰な保護=いわゆる抱え込み、ホーダーの結果なのか、自家繁殖ゆえなのかは判らないけど。

映画 『タイタニック』 で、足りないボートに優先的に乗り込んで先に脱出した貴族の夫人たちに女性実業家?がハッパをかけるシーンがある。
「さぁ漕いで!、彼らを助けに行きましょう!、あそこで溺れているのは、あなたたちのご主人なのよ?」

すると救命ボートの艇長は舵を抱え込んで頑として譲らない。遭難現場へ戻ったら、皆がパニックで このボートに乗り込もうとして、結局は転覆して全員が死んでしまう、と。女性実業家?も思わず黙り込む。

それが正しい、そうせざるを得ない、と判っていても、助けを求める声を無視するのは難しいね。背筋がキモチワルクなる。

それがせめてものセカンドベストだ、そうせざるを得ない、と判っていても…、2等船客をデッキの下に待たせたまま、(1等船客を乗せた)ボートの殆どを脱出させ終えた高級船員が自らのこめかみを撃ちぬくシーン、

好きだ、と言ったら語弊があるけれど。


さてこちらはまだ 終わってない ハナシ。
私はこの方を直接に存じあげないので、コメントできないけど、ちゃま坊さんとシロさんが応援してるみたいだから。

ただね、自分の手元で実際に保護してる人、あるいは過去に(里子出しとかの)経験のある人でないと。
まだ何もしたことのない人が義憤に駆られて 「行政に意見を寄せる」 だけじゃ説得力ない、ことばの重みないから、むやみに市長宛のメールやFAXなんか送ってほしくないな、もしここで読んで興味を持ってくれたとしても。

無理のない額のカンパとか、可能なら1匹でも貰ってあげるとか、(他者への働きかけではなく) 自分の手元でできることを、してくれたら嬉しい、もしなにかしたいと思ったら。
ホンネを言えば、支援がほしいのは私だって同じ、だけど (笑) 。
 
 
行政担当者にご意見をお寄せください、 は、業務妨害になりかねない、テロすれすれのやり方なんだよね。
ちゃま坊さん、この件、ほんとに大丈夫なんですか?

« 仕切り直し アンタが来ると猫が消える | トップページ | <お持ち帰り三毛> お見合い・お届け »

110 公園猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2271957/63758627

この記事へのトラックバック一覧です: 100匹の猫 2題:

« 仕切り直し アンタが来ると猫が消える | トップページ | <お持ち帰り三毛> お見合い・お届け »