« 「薬屋?」 | トップページ | 「もっと、上だ」 »

2006年4月10日 (月)

物置で発見された子が

2
生き延びる確率は、と言うと… 。

ある日、物置の扉を開けたら、こんなコトになってたとしますよね (この時は子猫5匹)。
「えっ、ちょっと、なによ、ウソ~~(死語?) 」 と、悪気はなくとも思わず叫んでしまうのがフツウの人。
物置を勝手に占拠して出産・育児に励んでいた野良母猫は

  はっ、見つかった、ヤバイ!

と逃げ出します。
こんな事もあろうかと、かねて目星をつけておいた別の巣箱に、いちばん大きい子の首筋をくわえて。
「生き延びそうな子 (いちばん発育のいい、大きい子) から助ける」 のが野性の本能ですから。
3
  
残された4匹は母を求めてミューミュー鳴きますが、ニンゲンがその首筋をつかんで段ボール箱に放り込んでしまうでしょう。で、その箱を、どうするか。

  ・ガムテープでぐるぐる巻きにして、そのままゴミ集積所に置く。
  ・ 〃  川に流す。
  ・日が落ちてから人気のなさそうな場所に置いてくる。
  ・貰われそうな場所、小学校の校門だの、コンビニの店先だの、
   野良猫が餌を貰っている公園だのに置いてくる。
  ・まっとうな手段として、ホケンジョまたはアイゴセンターに引き取ってもらう。

…………。

ごくまれに、猫が好きで、暮らし向きにも余裕のある人は 「飼ってあげてもいいかな?」 と思うかもしれない。 「でも4匹全部はムリ」 。家族を呼んで、どれか1匹を選ばせ、残りの3匹は箱に戻して上記に同じ。

箱入り子猫たちが翌日、翌々日にどうなるか…、
まぁその話は今日はやめときましょうか?。言わないと分からないですかね?。
 
 
Season
こんなふうに幸せになれる子は、ものすごいレアケース。
それだってもし、里親さんの知合いが飼猫に子を産ませて貰い手を捜していたら 「じゃあそっちを貰うわ」 となってしまい、この子たちにチャンスは回ってこなかったでしょう。

飼猫にわざわざ子を産ませる人は、どうぞ、ぜひ、この箱入り子猫たちを
足でグシャッと踏み潰すところを、リアルに想像しながらにしてくださいね。
どうかどうか、そこんとこよろしく。

…それにしても、思いっきり ソラ目炸裂 なんですけど、里親さんblogのタイトル~(笑)。 (もはや右から読んでも左から読んでも見境のない重症 (^▽^)  )

« 「薬屋?」 | トップページ | 「もっと、上だ」 »

200 里親募集と、その後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2271957/63758696

この記事へのトラックバック一覧です: 物置で発見された子が:

« 「薬屋?」 | トップページ | 「もっと、上だ」 »