« N公園の新看板 | トップページ | お、怒らしちゃった… »

2005年11月26日 (土)

「親切のつもりで棄ててあげた」

かかりつけ獣医さんが怒って言うことにゃ~

子宮蓄膿症で緊急入院した猫、摘出処置=結果として避妊になったわけだが
出産歴がかなりありそう… (子宮の様子を見ると獣医師には判るらしい)、
で、今までの子猫はどうしてたのか飼主に聞いたら

   「いつも決まった公園に棄ててきた。
    そこには餌を撒きに来る婆さんがいて、身寄りもなく寂しそうで、
    ”猫だけが生きがい”って感じで…、
    猫がいなくなると寂しいだろうと思って、親切のつもりで棄ててあげた」

と来たそ~な。

ま、心底そう思い込んでいたのか、その場かぎりの憎まれ口をきいたのか、
どちらかといえば後者っちゅ~気もしますが

おおっぴらに餌撒きしてれば、そこを狙って捨てられますよね…。
「生まれちゃっても、あそこに棄てれば大丈夫、そこそこシアワセに生きていける」
みたいな、キモチの逃げ場にもなるし。

保健所へ持ち込むのは後味が悪いから、それくらいならしぶしぶ、
やっぱ手術したほうがいいかな~…
ってところでグラグラ揺れてる人に、逃げ道を与えないようにしましょうよ?

« N公園の新看板 | トップページ | お、怒らしちゃった… »

110 公園猫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2271957/63758816

この記事へのトラックバック一覧です: 「親切のつもりで棄ててあげた」:

« N公園の新看板 | トップページ | お、怒らしちゃった… »